投稿

投稿

親知らず(智歯)の治療

2016.11.08

前(真ん中)から数えて8番目の歯を通称「親知らず」といいます。正式には第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)または智歯(ちし)といいます。この親知らずがまっすぐに生えなかったり、真横に生えたりしてるとその周りの歯ぐきが炎症を起こして痛くなったり腫れたり、はたまた口が開かなくなったりします。これが智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼ばれる病気です。抜かない治療方法はレーザーをあてたり、抗生物質や痛み止めを飲んだり、消毒したりします。この治療をしても治らない場合は親知らずを抜いた方がいいです。

親知らずを抜歯する場合は、もちろん麻酔が完全に効いてから抜歯を開始しますので、ご安心ください。