診療科目

口腔外科/親知らずの抜歯

親知らず(智歯)の治療

前(真ん中)から数えて8番目の歯を通称「親知らず」といいます。正式には第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)または智歯(ちし)といいます。この親知らずがまっすぐに生えなかったり、真横に生えたりしてるとその周りの歯ぐきが炎症を起こして痛くなったり腫れたり、はたまた口が開かなくなったりします。これが智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼ばれる病気です。抜かない治療方法はレーザーをあてたり、抗生物質や痛み止めを飲んだり、消毒したりします。この治療をしても治らない場合は親知らずを抜いた方がいいです。

親知らずを抜歯する場合は、もちろん麻酔が完全に効いてから抜歯を開始しますので、ご安心ください。

親知らず抜歯の症例

  • 術前の(デジタル)レントゲンです。右下の親知らずが真横に生えてるのが確認できます。
  • 親知らずを二つに分断して、まず手前側(写真右側)を抜いてから次に奥側(写真左側)を抜きました。この患者さんでは麻酔をしてから抜歯完了まで約30分でした。このような難しい親知らずの抜歯の費用は総額5000~10000円(消費税込み)です。簡単に終わる親知らずの抜歯は総額3000円(消費税込み)です。

親知らず以外の歯の抜歯

もちろん、親知らず以外の歯の抜歯もおこなっています。内田歯科では、ほとんどの抜歯は麻酔後5~15分以内に終わります。5~15分以内に終わる抜歯の費用は総額3000円(消費税込み)です。15分以上は総額4000~10000円(消費税込み)です。

顎関節症(がくかんせつしょう)の治療

顎関節症は最近20~30歳代の女性に多くなっています。 当医院では顎関節症チェックシートや対策をご紹介しています。 顎関節症はひどくなると完治しづらくなります。 早めに一度歯科医院にご相談ください。

ドライマウス(口腔乾燥症)の治療

ドライマウス(口腔乾燥症、こうくうかんそうしょう)とは唾液が少なくなり、口の中が乾く病気です。 当医院ではその原因と症状をご紹介しております。

ドライマウスは慢性的に経過するので病気だと気づかないことが多くあります。 同じ症状が見られる方はお気軽にご相談ください。

口内炎(こうないえん)の治療

口内炎にはいろいろな種類がありますが、ほとんどが口の中の粘膜に痛みのある潰瘍ができるタイプです。円形でやや白くて周囲が赤い。舌や唇の内側から、歯ぐき、のどの奥までどこにでもできます。身近な病気でもあります口内炎の原因と対策を当医院ではご紹介しております。腫れを伴う場合は下の「5 唾液腺の病気」の「③ガマ腫」や「④粘液のう胞」の可能性もあります。

唾液腺(だえきせん)の病気

唾液腺には3つの大唾液腺(耳下腺・顎下線・舌下腺)と多数の小唾液腺があります。

唾液腺は唾液を分泌します。唾液腺の病気には


①流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

②腫瘍 耳の下や前にしこりができます。耳下腺に発症し約7割が良性です。
  痛みを伴ったり顔面神経麻痺を伴う場合は悪性の可能性があります。

③ガマ腫 舌下腺の唾液がたまると発症します。症状は舌の下(口の底部)の片側の腫れです。

④粘液のう胞 歯などで小唾液腺の開口部が傷つけられ唾液が排出できなくなり貯留することで発症します。
  唇の内側などに小指の先大の腫瘤がよくできます。

⑤ドライマウス(口腔乾燥症)

⑥シェーグレン症候群

味覚障害(みかくしょうがい)

内田歯科_イメージ

味覚障害の原因は以下のものがあげられます。

①食生活の乱れからくる亜鉛不足

②薬の副作用

③口の中の金属の詰め物の味による

④精神的ストレス

⑤過去の頭部外傷や耳の手術

⑥うつ病


主な治療方法は

①薬物療法

②食事療法

③メタルフリー療法

④ストレスを発散する

口唇(こうしん)ヘルペス

内田歯科_イメージ

口や唇のまわりが赤くなり、数日後に水ぶくれができ、かゆみや痛みが気になります。水泡は7~10日でかさぶたとなり治ることが多いです。水疱の中にはヘルペスウイルスがあるので指などで触れないよう注意しましょう。また疲れ、風邪、ストレスや紫外線などで抵抗力が落ちると再発することが多く見られます。 治療法は、症状が軽い時は抗ウイルス剤の軟膏を塗ります。進行した場合は抗ウイルス剤の内服薬を飲みます。口内炎との鑑別がポイントです。口内炎の薬を塗っても治りません。早めに口腔外科(内田歯科)を受診しましょう。

舌痛症(ぜっつうしょう)

内田歯科_イメージ

外見的に全く舌に異常が見られないのに舌が痛む病気です。舌痛症以外で舌が痛む場合、舌の側面にこすれた傷などがある時は歯がとがってるケース、歯ぎしり等が考えられます。また合わない入れ歯や被せ物なども舌が痛くなる原因のひとつです。最近ではドライマウス(口腔乾燥症)も関係あるようです。痛みが取れない時は口腔外科(内田歯科)を受診しましょう。

睡眠時無呼吸症候群((すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)

内田歯科_イメージ

「無呼吸」とは寝て、いびきをかいている時の10秒以上の呼吸停止を言います。「睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」とは1時間あたりの無呼吸数が5回以上あるものを言います。いびき防止装置として右図のようなスリープスプリント(別名サイレンサー)を寝る時に装着します。スリープスプリント(別名サイレンサー)にはソフトタイプとハードタイプの2種類があります。いずれのタイプも費用は型取り時に3240円、装着時に3240~5400円)です。

口腔(こうくう)がん

内田歯科_イメージ

口の中にできる「がん」を「口腔がん」と言います。読み方は「こうくうがん」です。日本人の「がん」の2~4%がこの「口腔がん」と言われています。年間約6000人がこの「口腔がん」になっているのです。早期発見、早期治療でなおすことが可能です。口内炎、首のぐりぐり(リンパ節)の腫れ、入れ歯の傷などが2週間以上治らない人は早めに口腔外科を受診しましょう。

エプーリス

内田歯科_イメージ

エプーリスとは歯ぐきにできるできものを言います。原因は歯石や歯の被せ物があってないことによる慢性的な刺激、妊娠時のホルモン異常などがあげられます。歯と歯の間の歯ぐきにできることが多いです。ほとんどが良性の腫瘍です。治療としては麻酔をしてレーザーメスで切除するだけです。治療費は診察料込みで3240~5400円です。

口角炎(こうかくえん)

内田歯科_イメージ

口角炎(こうかくえん)は唇の左か右の端の口角(こうかく)と呼ばれる部分にできる「できもの」です。ビタミンB2不足でもなると言われています。主にレーザー照射が効果的です。治療費は診察料込みで3240円です。副腎皮質ホルモンの軟膏(ケナログ、アフタゾロンなど)をお出しする場合もあります。

白板症(はくばんしょう)

内田歯科_イメージ

白板症(はくばんしょう)は40歳以上の男性に多く発症すると言われています。主にできる場所は歯ぐき、頬の内側、舌、上あごなどです。白いこけがついたような状態でガーゼなどでぬぐってもとれません。また痛みはありません。6%程度が癌に移行すると言われています。癌に移行するまでの期間は2~20年と言われています。

  • 口腔外科の
    「よくある質問」はこちら