その他治療

レーザー治療

レーザーとは?

内田歯科_イメージ

人工的に作った光をどんどん増加させて放射した光のことです。炭酸ガスレーザーの特色は軟組織の処置に適していることです。止血、蒸散効果にすぐれ腫瘍などの切除には最適です。最近では歯周病の治療にも積極的に応用されています。

レーザーをあてるとどうして治るのでしょうか?

レーザーには「殺菌作用」と「創傷治癒促進作用」という炎症のある部位の組織を活性化し細胞の再生を促す働きがあります。そのためにレーザーをあてると治るのです。また次に説明する「蒸散作用」も炎症のある部位を治す大きな作用と言えます。

蒸散作用とは?

炭酸ガスレーザーでは、歯ぐき(歯周組織)に高熱を与え、炎症のある部位の悪い組織を瞬間的に気化させて除去することができます。これが「蒸散」です。この「蒸散」があるために患部が素早く治るのです。手用メスや電気メスにはないレーザーメス特有の作用と言えます。

レーザー治療とは?

知覚過敏の治療

内田歯科_イメージ

歯もしくは歯の下の歯茎にレーザーを照射することで知覚過敏による痛みを和らげる効果があります。

歯周病の治療

歯周ポケット内をレーザーで直接、殺菌消毒することにより歯周病の腫れや痛みを緩和します。麻酔なしでも痛みはありません。

歯ぐきの黒ずみ(メラニン色素)の除去

歯ぐきが黒くて(紫色で)お悩みの方、患者さんのケースにもよりますが、複数回、歯ぐきにレーザーを照射すればピンクの歯ぐきに変わる場合もあります。費用は診察料込みで1回3000円です。

顎関節症の治療

耳の穴の手前の場所(顎関節)にレーザーをあてることにより顎の痛みが軽くなります。

抜歯後の痛みの緩和

口内炎の治療

内田歯科_イメージ

レーザーによる蒸散作用により口内炎を治療します。

親知らずの腫れや痛みの緩和

レーザーを親知らずに1~数回照射するにより親知らずの腫れや痛みを緩和でき、場合によっては抜歯をしなくてすむ場合もあります。

レーザーメスの特徴

手用メスや高周波を使った電気メスと比べてレーザーメスは出血が少なく、切った部分の治りが非常に早いのが特徴です。唇や舌、歯ぐきなどにできた良性腫瘍などの切除に使用します。

レーザー治療は安全です

内田歯科_イメージ

レーザー治療は妊娠中の方や授乳中の方でも安心して受けられます。他にも高血圧、心臓病でペースメーカーを入れてる方でも安心です。

レーザー治療の費用は

レーザー治療の費用は診察料込みで1回総額3000円(消費税込み)です。

  • レーザー治療に関する
    よくある質問はこちら