内田歯科のご案内

院長紹介・コンセプト・治療目標

2017年のごあいさつ

内田歯科は諸般の事情により、保険診療を行わない「非保険医」となりました。今後は、どこよりも「明確な料金体系」と「オールセラミックス2016年実績1800本」などのスキルに更に磨きをかけて、今まで以上に誠意を持って患者さんと向き合って、末永く自由(自費)診療を続けていく所存です。

学歴

東京医科歯科大学 歯学部卒業

 

趣味

・旅行 ・スポーツ(全般)観戦

 

座右の銘

「must be just about US」 

 

よく見るテレビ番組

「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」 

 

このホームページについて

平成18年から開始したこのホームーページは私が適宜、画像(写真)付きで更新しています。写真も私が自らデジカメで撮影したものを多く使用しています。ページの多さ、更新の頻度や写真の数を他の歯科医院のホームページ(多くはコンピューター専門の業者さんが写真を撮影しホームページを更新しています)とぜひ比べてみてください。いいホームページイコールいい歯医者でないことは重々承知していますが、ぜひ随時更新されるこのホームページから「私が常に歯科に関する情報に対してアンテナを張り巡らせている事」と「患者さんに歯科治療をできるだけ、わかりやすく説明してあげたいという私の熱意」をご理解いただけたら幸いです。今後も多くの患者さんにさらにわかりやすいホームページを作るべく、情報を収集し続け内容を充実していく所存です。 

ごあいさつ

uchida

平成16年に東村山駅西口に「内田歯科」を開設して以来、私はこの東村山に骨を埋める覚悟で頑張りたいと思っています。地域に密着した「かかりつけ歯科医」を目指しています。 内田歯科ではまず患者さんの訴えをただ「聞く」のではなく、じっくりと注意深く耳を傾けて「聴く」姿勢を一番大事にしています。そして「先生」と「患者さん」は対等の関係にあります。「麻酔をする」「歯を削る」「歯を抜く」すべて患者さんの 許可なしでは行いません。 また一般的な歯医者における「こわい」「痛い」「高い」といったマイナスイメージを出来るだけ払拭していくべく、日々努力研鑽しています。 「えっ抜かなくてもいいんですか?」「もう麻酔したんですか?全然痛くなかった」「うちの子供、内田歯科だと平気なのよね」といった患者さんの声は内田歯科ではよく聞かれます。 「歯医者なんてどこもたいして変わらないよ」と思っている方は、ぜひ一度内田歯科にいらしてみて下さい。 きっと「へー、こういう歯医者もあるんだ!」という思いを抱くに違いありません。 今後は「患者さんの納得」ではなく「患者さんの満足」そして最終目標は「患者さんの感動」を得られる様な歯科医院つくりを目指していきたいと思っています。  

greeting_img09

  • どこよりも少ない治療回数

    内田歯科では、なるべくまとめて、かつ非常に効率よく計画的に治療を進めるため、どこの歯科医院よりも少ない治療回数で治療を終わらせています。2016年の患者さんの平均来院回数は約2回という驚異的に少ない回数でした。

  • ミニマムインターベーション(最小限浸襲治療)

    「歯をなるべく削らず」「抜かず」「神経をできるだけ残す」だけではなく「レントゲンも必要最少回数」「不用意に義歯を新しくしない」にという治療をします。

  • 痛みを最小限に抑える治療

    表面麻酔、超極細針、コンピューター制御の電動麻酔を使用することにより麻酔の痛みを最小限に抑えます。麻酔が効いたら後は無痛で治療が受けられます。

  • 治療費が安い

    ミニマムインターベーション(最小限浸襲治療)のため、通院回数は他の歯科医院に比べ、非常に少なく、その結果トータルの治療費も安くなります。白い差し歯や白いブリッジも他の歯科医院にくらべ約3分の1から4分の1の値段と非常に安くなっています。

  • 日曜、祝祭日も診療

    日曜、祝祭日も診療していますので、お休みがなかなか取れない人でも安心して通院できます。

greeting_img10

  • 金属は使わない

    「メタルフリー」というコンセプトに基づき金属ではなくレジンやセラミックスを使用しています。

  • むやみに歯を削らない

    「ドリルフリー」「ドリルレス」というコンセプトに基づき必要最小限しか歯を削りません。

  • むやみに治療を長引かせない

    無駄なく、無理なく、最小限の治療回数で合理的に治療を終わらせます。

  • ひとつの治療法を押し付けない

    ひとつの治療法を押し付けません。患者さんにはできる限りふたつ以上の選択支の中から選んで頂きます。

  • おこらない

    「どうしてこんなになるまでほっといたの?」などとは、けっして言いません。先生はやさしいので、ご安心ください。