診療科目

一般歯科/むし歯・知覚過敏・酸蝕歯

むし歯

むし歯はどうしてできるのでしょう?

むし歯はミュータンス菌と呼ばれる細菌が原因で発生します。歯の表面についたミュータンス菌が口の中に食物としてとられた砂糖を利用し多糖を合成します。この多糖は粘着性が強く他の細菌を付着させて細菌のかたまりを作ります。これが歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。この歯垢(プラーク)に食物中の砂糖や果糖、ぶとう糖が浸透し、歯垢(プラーク)内の細菌により酸が作られます。この酸が歯を溶かすのがむし歯です。


内田歯科_イメージ

むし歯ができやすい場所

むし歯ができやすい場所は以下の3か所です

①歯と歯の間

②奥歯の咬み合わせの溝

③歯の付け根

CO(シーオー)について

内田歯科_イメージ

学校健診や乳幼児の健診でCO(シーオー)という言葉を聞いたことはありますか?COとは日本語では要観察歯(ようかんさつし)といいます。Caries Observation の略です。見た目は奥歯の咬みあわせの溝が茶色くもしくは黒く着色します。その溝の部分がむし歯でやわらかくなってなく、硬い状態をいいます。まだ治療は必要ありませんが、ていねいに歯磨き(乳幼児は大人の仕上げ磨き)をしないとむし歯になっていしまいます。

C1の治療

内田歯科では、歯の一番表面のエナメル質に到達しているC1のむし歯に対してプラステイックの白い詰め物(レジン)を詰める①レジン充填(じゅうてん)という治療法か、もしくは②何もしないで様子をみるかです。大人できちんと歯磨きしている人ならC1程度のむし歯なら進行しない場合もあるからです。

 

レジン充填(じゅうてん)

IMG_1175

 

①まずむし歯になってる歯に麻酔をします。むし歯が浅い場合は麻酔をしない時もあります。

②麻酔が効いてきたらむし歯の部分を削ります。

③次にボンディングという接着剤を、削った部分にぬります。

④そして歯と同じ色の白い詰め物(レジン)を注入器や専用のヘラで削ったところに詰めます。

⑤その後、光照射機で光を当てて詰め物(レジン)を固めます。

⑥最後に詰め物(レジン)を研磨して、かみ合わせの調整をしたら治療完了です。

①から⑥までのトータルの治療時間は10~20分程度です。治療回数は1回ですみます。麻酔をしなかった人はすぐに食事も可能です。麻酔をした人は3時間位してから食事をして下さい。
費用は診察料込みで1歯あたり3千円(消費税込み)です。

C2の治療

IMG_0960

内田歯科では、象牙質まで到達しているC2のむし歯に対しては①レジン充填(じゅうてん)か②インレー治療 を行います。

 

インレー治療

IMG_1615

インレーとは歯を部分的に一部だけ削って被せる(詰める)ものになります。それに対し全部削って被せるのがクラウンと言います。インレーとクラウンの中間をアンレーと言います。まず麻酔をします。麻酔がさめるまで(3時間位)はお食事はしないで下さい。飲み物やうがいは大丈夫です。次にむし歯を削り形を整えます。次に型取りをします。内田歯科では3Dカメラによる型取りになります。1時間位でインレーができたら、歯科用セメントで歯にインレーを装着します。装着後1時間位はお食事はしないで下さい。飲み物やうがいは大丈夫です。

無痛治療・ペインレス治療・麻酔はこちら

C3の治療

IMG_1273

むし歯が歯髄(しずい)という歯の神経まで達してる場合は、歯の神経の治療を行います。また、むし歯が歯の神経まで達していなくても知覚過敏などが原因で痛みがある場合も歯の神経の治療を行います。

 

歯の神経を取る基準

内田歯科_イメージ

歯の神経を取るかどうかは、最終的には歯科医によるレントゲン診断等で確定しますが、患者さん自身の症状でも、ある程度はわかります。むし歯の度数で言うとC3になります。

①熱いものが、いつもしみる

②冷たいものでも一瞬ではなく数秒にわたってズーンとしみる

③何もしない状態でズキズキ痛むことがある

④その歯で咬むと激痛がある

⑤寝ていると痛みで目がさめることがある

①から⑤のうち、3つ以上あてはまる人は神経をとる治療が必要と思われます。

歯の神経の治療の流れ

  • 歯の神経(正式名称は歯髄と言います)までむし歯が進行している場合(C3)は、まず最初に麻酔をします。次に歯の真上からタービンと呼ばれる歯を削る器具を使って穴を開けます。

  • 次にリーマーもしくはファイルという器具を使って歯の神経を機械的に取り去ります。

  • 歯の神経を取り去った空洞にガッタパーチャポイントと言う薬を詰めたら歯の神経の治療は完了です。

歯の神経の治療方針

内田歯科における「歯の神経の治療方針」は次の通りです。

①歯の中にフォルムクレゾールなど刺激の強い消毒薬は一切使わず、患者さんの自然治癒力を最大限に生かす治療をします。

②歯の中を洗浄する時も水と超音波を使用します。

③むやみに歯の神経の治療回数を増やしません。

④レントゲン写真は最小限の回数しか撮りません。

歯の神経の治療費と治療回数

内田歯科における「歯の神経治療費と治療回数」の原則は以下の通りです。

①初回は歯の神経治療費と診察料で3千~5千円

②2回目以降は歯の神経治療費と診察料で1千~2千円

③治療回数は通常は2~3回です。まれに1回(5千円)で神経の治療が終わる場合もあります。

④痛みや腫れが続く場合は1回追加につき1千~2千円です

歯の神経の治療が終わったら

神経を取った歯は新陳代謝を起こさなくなり、かけたり割れやすくなります。ですから歯の神経の治療後は原則土台を作り、周りを削ってクラウンを被せる事になります。まれにレジン充填でも大丈夫な場合があります。

C4の治療

C3のむし歯がさらに進行して残根状態(歯の上部がなくなって歯の根っこだけが残っている状態)になったのがC4です。C4の治療は運が良ければC3の治療と同じ方法で歯を残す事も可能な場合もありますが、原則抜歯になります。抜歯した後は①固定式のブリッジか②取り外し式の入れ歯か③インプラントか、場合によっては④何もしないかになります。

知覚過敏(ちかくかびん)

知覚過敏(ちかくかびん)とは

badtooth_img07

むし歯がないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシがあたると痛いのが知覚過敏です。なんらかの原因によって歯ぐきが下がることにより歯のつけ根の象牙質が露出するために起こると言われています。軽い場合は写真の「知覚過敏用の歯磨き粉」シュミテクトを使って歯磨きをすれば、徐々に治りますが、ひどくなれば当然歯科医院での治療が必要となります。

知覚過敏の原因

内田歯科_イメージ

知覚過敏の原因としてあげられるのは以下の通りです。

①歯周病

②歯ぐきを磨いている

③かみしめ癖や歯ぎしり

④ミカンなどの柑橘類(かんきつるい)の取り過ぎ

⑤ホワイトニング治療

⑥治療で歯を削った後

知覚過敏の治療

実際の知覚過敏の治療ですが。一般的な治療法は刺激を遮断するお薬をしみる歯に塗布し、それを光で固める方法があります。短時間で済み、内田歯科の治療費用は本数に関係なく、診察料込みで1回3千円です。その治療を数回くりかえしても治らない場合はむし歯のC3の治療と同じく麻酔をして「歯の神経の治療」をする場合もあります。

 

酸蝕歯(さんしょくし)について

内田歯科_イメージ

酸蝕歯(さんしょくし)とは主に食品中の酸によって歯が溶かされ、むし歯のように歯が黄色くなったり、歯の厚みが薄くなったりすることです。酸を多く含む食品としてはコーラなどの炭酸飲料や、みかんなどの柑橘類(かんきつるい)、またワインや飲むお酢などがあります。これらの食品は飲む量や回数に気をつけましょう。また逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)などで胃酸によっておこるケースもあります。酸蝕歯の治療はむし歯の治療と同じで、レジン(プラスティック)を詰めるだけの場合は診察料込みで1歯総額3千円、白いハイブリッドセラミックスで被せる場合は診察料込みで1歯総額4万円になります。いずれの場合も1回の通院で治療が完了します。