その他治療

無痛治療・麻酔

無痛治療(むつうちりょう)・ペインレス治療・麻酔

内田歯科では痛みに弱い方、歯医者が怖い方、歯医者嫌いの方に、不安やストレスをできるだけ少ない状態で治療を受けていただけるように無痛治療(むつうちりょう)別名ペインレス治療をおこなっています。通常の表面麻酔(ひょうめんますい)や浸潤麻酔(しんじゅんますい)のみならず、伝達麻酔(でんたつますい)や歯根膜内麻酔(しこんまくないますい)も必要があれば行います。これらの麻酔を組み合わせる事で治療時の無痛はもちろんのこと、麻酔の針挿入時の痛みにも最大限配慮していますので、どうかご安心下さい。もちろん無痛治療・ペインレス治療や麻酔にかかわる費用はすべて治療費に含まれていますのでご安心下さい。

表面麻酔(ひょうめんますい)と浸潤麻酔(しんじゅんますい)について

内田歯科_イメージ

歯科医院での通常の麻酔は主に歯ぐきに打つ浸潤麻酔(しんじゅんますい)と言います。まず最初に、表面麻酔剤(写真)と綿球を使って麻酔の針を刺す場所を麻痺させます。これを表面麻酔(ひょうめんますい)といいます。

内田歯科_イメージ

内田歯科の麻酔液は麻酔液を温める装置(写真)で常に体温と同じ温度に温めていますので、あの麻酔液を注入した最初の瞬間の冷たいチクッとした感触はありません。

内田歯科_イメージ

電動の麻酔注射器は手動の麻酔注射器よりも痛みが少ないといわれますが、内田歯科で使用するのは最新型のさらに痛みが少ない「コンピューター制御の麻酔注射器」です。 コンピュータが理想的な注入速度をコントロールしてくれ、さらに針先のブレも抑制します。内田歯科では注射器にもAIを使用しています。

超極細の麻酔針

内田歯科_イメージ

上段、中段は通常の麻酔針です。下段の超極細の麻酔針は現在日本(世界?)で市販されてる中で一番細い(通常の麻酔針よりさらに1ないし2ランク細い)だけでなく、長さが一番短い針です。針が短いほど、痛みの原因となりうる針先のブレが最小限に抑えられるのです。従って現在内田歯科で使用している針が「無痛治療・ペインレス治療」に最適な、超極細で最短の麻酔針といえます。まるで蚊にさされるような感じです。

伝達麻酔(でんたつますい)とは

 
伝達麻酔(でんたつますい)とは主に下顎のむし歯の治療や親知らずの抜歯などの時で、通常の麻酔(浸潤麻酔)が効かない時に使用します。下顎の神経の元の部分を麻痺させる麻酔です。

歯根膜内麻酔(しこんまくないますい)とは

 
歯根膜内麻酔(しこんまくないますい)とは内田歯科では抜歯の時のみに使用します。歯根膜内麻酔をすると本当に無痛で抜歯可能です。一部に歯根膜内麻酔が痛いという表記もありますが、内田歯科では超極細の麻酔針を使用しており、しかも必ず歯ぐきへの浸潤麻酔後に行うため、痛みはほとんどありませんのでどうかご安心下さい。
  • むし歯の治療はこちら

  • 無痛治療・ペインレス
    治療・麻酔に関する
    『よくある質問』はこちら